Together to success...

since 1997
General partner

Русский English (int.) Deutsch English (USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に産業用加熱炉を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している産業用加熱炉のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と産業用加熱炉の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける産業用加熱炉の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の産業用加熱炉に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される産業用加熱炉が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、産業用加熱炉の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて産業用加熱炉の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の産業用加熱炉を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、産業用加熱炉の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

加熱炉とは固体材料の可塑特性と構造を変更するために固体材料を加熱するための装置です。

加熱炉は、鉄および非鉄冶金において、ならびに機械工学で広く使用されています。

プッシャ炉

プッシャ炉とは、加工物がプッシャという外部装置によって炉内に沿って移動させる炉です。これは、炉内で金属を移動するための最も簡単で安価な方法です。

このタイプの炉における吸気はバーナーのガス燃料流によって作成された真空と煙突として機能する加熱の復熱装置によって行われます。

炉内で加熱されるプリフォームの長さは5〜12 mです。炉の幅は12.5 mに達します。高炉ガスはブロックからなる金属復熱装置で200~250℃まで加熱されます。炉からのプリフォームの搬入・搬出は(炉の側窓から)横方向で、特別なプッシャによって行われます。

炉の動作原理。プリフォームは外部のローラコンベアを介してプッシャにより炉に投入され、前のプリフォームを交換して 炉床の上にある他のプリフォームを押圧します。

プリフォームが容易に移動するために炉床が斜面に作られます。炉床の端部は水平されます。加熱されたプリフォームは炉床の水平部分に投入され、炉側窓を通して側プッシャで出されます。プリフォームは鋼のグレードに応じて1100〜1250℃の温度まで加熱されます。

燃料のフレア燃焼時に噴射バーナーで発生する燃焼生成物(煙)は金属に向かって移動し、側壁の空洞やプリフォームと炉の壁との間の隙間を通って除去されます。次に、煙は復熱装置を通過し、煙突を通して濾過することなく大気中に発出されます。

プッシャ炉の溶接ゾーンでは、プリフォームが摺動水冷管によって移動されます。1100〜1200℃の温度と異常な機械的負荷の状態で動作するレイタという縦管の冷たい部分との金属接触とその摩擦を低減する装置が搭載されます。レイタは、それらの上に位置するスラブからの熱の流出を低減し、全長の加熱の均一性を高めます。

均熱ゾーンではプリフォームが冷却せずに大規模な梁に沿って移動します。

プッシャ炉における金属の酸化損失は典型的には1.5〜2パーセントを占めます。炉床からのスラグの除去は、定期的に底溶接および均熱ゾーンの作動側窓を通って手動で行われます。

ウォーキング床炉

ウォーキング床炉はプリフォームが炉床の往復運動により周期的に移動される連続炉です。

プッシャ炉を上回る利点:

  • 炉床とプリフォームの間に摩擦がないため、またはプリフォーム同士の間に接触がないため、機械的な損傷を受けない
  • 炉内でプリフォームの一方向、三方向の加熱が容易に行われる
  • 鋼低廃棄物(1%まで)
  • 低燃料消費量(摺動配管がないため)

炉の動作原理は次の通りです。プリフォームは機械的なプッシャによりローラコンベアを用いて炉床に外部から投入されます。次に、可動奇数と固定偶数の棒からなる炉床の下に位置する特別なペーシング機構によって炉を通って移動されます。

ペーシングサイクルにおける加熱されたプリフォームは炉端部のスライドウェイ(直傾斜面)に入り、端面を介して圧延機のローラコンベア上に投入されます。

燃焼生成物は、下の金属に、屋根に隣接する火炎ゾーンに形成され、さらに炉に沿って移動させます。炉からの煙の除去は、屋根を介して発生し、熱交換器に案内されます。

スラグ除去は、溶接および均熱ゾーンの作動側窓を通って手動で行われます。

環状炉

環状炉とはプリフォームが環状炉床の回転により搬送される連続炉です。

環状炉は他の連続炉より下記の利点を持っています。

  • プリフォームは回転炉床に固定されるため円形のビレットも加熱することができる
  • 低金属廃棄物0.5〜0.7パーセント
  • 円形断面ビレットの周囲は均一に加熱される
  • チャンバーモードに切り替え可能性

環状炉は次のように動作します。投入窓を介して外部投入装置により(チューブまたは環状)プリフォームが炉に投入されます。次いで、プリフォームは炉床周期移動装置によって全ての加熱ゾーンを移動し、また外部の機構によって吐出窓を介して吐出されます。

炉の内側および外側壁には、マルチゾーンのビレット加熱モードを実施するバーナーが配置されます。燃焼燃料からの煙が加熱される金属(炉床の回転)に向かって移動し、均熱(1200〜1250℃)、溶接(1300〜1350℃)と連続の3つのゾーンを通ります。連続ゾーンの後部に700~900℃の燃焼物は煙突を通過し、金属復熱装置に入ります。

ウォーキングビーム炉

ウォーキングビーム炉とはプリフォームが水冷却されるビームの往復運動により周期的に移動される連続炉です。プリフォームの移動原理はウォーキング床炉と同様です。

ウォーキングビーム炉の主な利点は、プリフォームの最大急速加熱(四加熱)です。主な欠点は冷却ビーム(支持管)の分枝システムの水から大きな熱の損失です。

炉は次のように動作します。プリフォームは、ローラコンベアによって投入端まで搬送され、そこからプッシャにより炉床に移動され、隙間で配置されます。炉床は、長手方向管格子にレイタを搭載した支持管(ビーム)のシステムです。プリフォームは、ビームのペーシングにより分配端まで搬送され、1150〜1250℃の温度で一枚吐出機構により炉から吐出されます。

炉はバーナーで加熱されます。燃焼生成物は、上記およびプリフォームの上下を通過します。炉からの煙の除去は、900〜1100℃の温度で上部を通って復熱装置で煙突に送られて行われます。

スラグ(ドロス)の除去は、手動または携帯型ノズルを使用して供給される圧縮空気または酸素を使用することによって行われます。精製は作業空間の下部レベルの窓を介して行われます。

セクション炉

セクション炉とは円形ビレットが圧延前に急速加熱される連通炉です。また、長い配管の熱処理炉および圧延ラインで半圧延を加熱するために使用されます。ビレット直径は200ミリメートル、長さ3メートルです。

炉は多数の加熱部から成ります。加熱部の間(エアロック内)に水冷ローラが設置されます。ビレット移動の方向に対して角度で取り付けられローラが回転し、その均一な加熱を守ります。断面炉は、ガス燃料で加熱されます。

セクション炉の欠点はビレットの移動停止、またはセクションの容量の熱蓄積する高い機能によるビレットの過熱の可能性です。

炉内の各加熱ゾーンは4〜6セクションを有します。各ゾーンは、特別な煙突を介して接続された熱交換器を搭載しています。炉内セクションの数は1〜40個です。セクションの長さは1〜1.6メートル、タンブールは0.3〜0.7メートルです。

炉は次のように動作します。プリフォームは、第1セクションまでローラコンベアで移動され、第1と第2セクションの間のタンブールでローラと接触するまで供給されます。プリフォームに常にローラが支持するために、ローラの軸間に少なくとも3つの距離を守らなければなりません。加熱されたプリフォームは、すべてのゾーンを一定の速度で通過しながら、圧延機のローラコンベア上に搬送されます。

バーナーは、加熱されたプリフォームの周りに煙の循環渦型動きを維持するために、異なるレベルで作動室の対向する壁に配置されています。セクション内の温度は1500℃に達することがあります。

燃焼生成物はセクションからタンブールに移動され、そしてそこから煙突に排出されます。

冶金設備

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の産業用加熱炉の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

Intech GmbH SARLIntech GmbH SARL