Together to success...

since 1997
General partner

Русский English (int.) Deutsch English (USA) English Español Français Italiano Português 简体中文

冶金産業用に提案されるプロジェクトと設備

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、はエンジニアリング、設計、納入、並びにロシア市場とCIS諸国市場で下記の生産ブロックと装置のスーパーバイザー作業、アフターサービスを行ないます:


金属構造物溶融亜鉛メッキライン

当社は鋼構造物の溶融亜鉛メッキ総合ライン、年間生産能力1万から10万トン、を提案しています。

金属構造物溶融亜鉛メッキライン    金属構造物溶融亜鉛メッキライン

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、は溶融亜鉛メッキラインを提案していますが、これは化学加工、亜鉛メッキで適用されている最新の開発が考慮されたもので、これにより運転が十分にコンパクトで単純化されています。運転モードは自動と手動です。

適用:

溶融亜鉛メッキラインは以下のような構造物の加工に適しています:

  • 送電線支柱、建設金属構造物
  • 橋げた、各種ガードレール、橋・トンネル照明用支柱
  • 電柱、アンテナ、タワー、ラジオマスト
  • 熱交換器、形状材、敷材、ラジエータ、カバー

当社は装置の保守最適化、熱交換器とポンプを処理槽の外部に設置するエンジニアリングソリューションを提案しています。溶融亜鉛メッキライン開発の初期段階で当社はお客様と共同で設備の詳細プラニングとこの生産用の亜鉛メッキ技術を開発し、投資の効果的な計画のために私達はユニット、システム、機構の数を判定し、必要な設備の仕様を作成します。


帯鋼の溶融亜鉛メッキライン

当社LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、は冷間圧延帯鋼の溶融亜鉛メッキ総合ラインを提案します。

生産能力: 6万から 50万トン/年

帯鋼の溶融亜鉛メッキライン

納入溶融亜鉛メッキラインの技術特性:

  • 帯鋼厚さ: 0,3-2,0 ㎜, 帯鋼幅: 600-1650 ㎜
  • コイル重量: 30 トン (max)
  • コイル径(外): 2100 mmまで
  • 装置速度: 180 m/分まで

より詳細は当社のサイト:www.galvanazing-line.ruでご確認ください。

当社はまた溶融亜鉛メッキラインの水中装置の部品やユニットも納入しており、これらは磁器、ステライト、ステンレス鋼316Lで製造され、底水中ドラム、すべりベアリング、ブッシュ、スキンパスミルのロール、炉ロール、等です。詳細は当社のサイト:www.stellite-parts.ruをご覧ください。


冷間圧延機及び熱間圧延機

鋼コイル圧延、条鋼、棒鋼、各種半製品の圧延用の2-、3-、4-、12-ロールスタンド。

冷間圧延機及び熱間圧延機     冷間圧延機及び熱間圧延機

特性:

鋼板コイル用冷間圧延機:

  • コイル重量– 30 トンまで
  • 帯鋼厚さ– 0.3-4.0 mm
  • 生産能力- 70万トン/年まで

セットの構成:ピニオンスタンド、コイル巻取り装置と巻戻し装置、電動・油圧駆動装置、ローラーテーブル、変速機、ベアリングユニット、特殊鋼製ロール、すき間ゲージ、自動コイルマーキング装置、その他の副次装置。


パイプミル

パイプミル

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»″、モスクワ、ロシア、は以下の圧延機を提案しています:

  • 径57 mmから 426 mmまでの管熱間圧延用の自動ミル
  • 径80 mm- 270 mm半製品並びに径350㎜- 600 mmのインゴットの穿孔用パーシングミル
  • 径56 mm-115 mmの管圧延用2ロールスタンド連続ミル
  • 径60 mm-180 mm厚肉鋼管取得用3ロール傾斜圧延リーラー
  • 径57 mm-550 mm管取得用のピルガーミル

パイプミル設備の構成として同じく加熱炉、磨管機、管ねじ切り機、リーラー、及び他の必要な装置が納入されます。


ロール研磨機

技術特性

ロール研磨機
  • NC自動ロール研磨機、作業モード:低・中・高で表面加工精度が必要な公差で確保される。
  • ロール径は0.7 mまで,ロール重量は4500 kgまで, ミルの長さは10 mまで

研磨値が大きいケースはベルト式研磨機7,5 kwと 11 kw

圧空式ベルトテンション、-ベルトサイズ0.15m x 2.5m

オプション: 鋼製カッターホールダー、自動径測定、プリントロール端研磨機

NC制御盤

動きのキャリブレーション用ソフトウェア

制御システム用ソフト

ロール研磨機の追加情報はサイト: www.galvanazing-line.ruでご覧ください。


金属加工装置

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、は現代の金属加工装置の全範囲を提案しており、生産ラインは注文により当社により組み立てられ、以降の金属加工にお客様が必要とする装置を非標準として追加することもできます。

金属加工装置

当社が提案する金属加工装置は国際規格で製造され、各生産段階で完全な生産管理が行われ、信頼性、長期の運用期間そして安全性が特徴です。

下記範囲の金属加工装置のより詳細の情報は該当するサイトでご覧ください:

  • 金属タイル生産自動ライン
  • 形状品製造機
  • I型鋼材加工・溶接ライン
  • ガードレール成形ライン
  • 板金曲げ成形機械
  • 排水管・配管エルボ製造機

帯鋼酸洗いライン

当エンジニアリング企業は熱間圧延炭素鋼(EN10051)用のプッシュタイプ酸洗いライン納入を提案しています。

帯鋼酸洗いライン

酸洗いライン特性:

能力: 60万トン/年
帯鋼幅: 900-1550 mm, 厚さ:1,0-4,0 mm
コイル外径: 2200 mm(max), コイル内径: 750 mm
コイル重量: 30 トンまで
装置速度 150 m/分まで
最終洗浄段階での塩酸濃度: 60 ㎎/l(ma)

ラインは以下の段階から成る:

1 段階インプットセクション(コイル棚, ローディング用棚、リーラー、洗浄装置、クロス・ベベル切断機)

2 段階生産部分(酸洗い槽は4 セクションから成り、各セクションには循環容器付の循環回路、熱交換器、ポンプ、酸洗いセクションからの逆ラインがある。酸洗い槽後には帯鋼は絞ロール2セット間を通過する。酸洗い槽後部には洗浄部があり、その後にはエッジ送風機で帯鋼の乾燥が予定される。

3 段階 乾燥後、帯鋼はルーパ―前に位置するフィーダーに送られる。ルーパ―の通路の後部にフィード機構が設置されており、帯鋼の先端がサイドトリマーに供給される。細長い切り端はスクラップカッターで細かく切断され、その後に逆テンション3ロールスタンド予定され、その後には検査スタンドが設置される。帯鋼の注油用に特別な装置が用意されていて、そのあとに帯鋼の先端がリワインダーに取り込まれるが、ここには制御システムが設置され、端が平均に巻かれる。工程の最後にはコイルが天井クレーンでリワインダーから取り外され、その後棚に積まれる。


金属切断自動ライン

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、は注文により金属の縦切断、横切断、縦横切断自動ラインの開発、組み立て、DAP/DDP(注文主倉庫)条件での納入を行います。注文主の要望で当社はライン稼働後に自社の認証専門家による金属切断自動ラインの保守サービスを行うことができます。

金属切断自動ラインの提案タイプ:

切断ライン- 1は厚さ1,0 mmまでの金属切断用である。

切断ライン- 2は厚さ2,0 mmまでの金属切断用である。

切断ライン- 3は厚さ2,0 mmから 6,0 mmまでの金属切断用である。このタイプの切断ラインは積載荷重量40トンまでのデコイラーがセット組込みとなることがある。

金属横切断自動ラインの技術特性

帯鋼幅, mm 帯鋼厚さ, mm コイル重量, t 帯鋼供給速度, m/分 鋼板長さ, mm 積み上げ
1000-1250 0,4-2,0 10 50 500-6000 手動
1000-1600 0,4-2,0 10 50 500-6000 手動
1000-1600 0,4-5,0 16 50 500-6000 自動

金属切断自動ライン

金属横切断ラインの構成には以下の装置が含まれる:

  • コイルリワインダー
  • 切断機
  • パイラー
  • ロールテーブル
  • ガイド装置
  • 台車
  • 空圧・油圧システム駆動装置
  • 制御盤

金属縦切断自動ライン技術特性

帯鋼幅, mm 帯鋼厚さ, mm コイル重量, t 帯鋼供給速度, m/分
500-1250 0,4-1,0 8 25
500-1600 0,4-1,0 8 50
500-1250 0,4-2,0 10 75
500-1600 0,4-3,0 16 75
500-1600 1,0-6,0 20 50 (100)
金属縦切断自動ライン技術特性

金属縦切断ラインの構成には以下の装置が含まれる:

  • メタルコイルリワインダー
  • レベラーカッター
  • ガイド装置
  • コイルワインダー
  • コイル抜取台車
  • 空圧・油圧システム駆動装置
  • 制御盤

金属縦横切断自動ライン技術特性

帯鋼幅, mm 帯鋼厚さ, mm コイル重量, t 帯鋼供給速度,m/分 鋼板長さ, mm 積み上げ
500-1250 0,4-2,0 10 25 500-2500 手動
500-1500 0,4-2,0 10 50 500-2500 自動
500-1500 0,4-5,0 16 75 500-3000 自動

金属縦横切断ラインの構成には以下の装置が含まれる:

金属縦切断自動ライン技術特性
  • メタルコイルリワインダー
  • ロールテーブル
  • レベラーカッター
  • ガイド装置
  • コイルワインダー
  • コイル抜取台車
  • パイラー
  • 空圧・油圧システム駆動装置
  • 制御盤。

切断ラインの運転オペレーターは2名。

金属自動切断ラインの適用:

  • 各種生産サイクルでの金属切断
  • 各種ブランク加工用に鋼板半製品の準備
  • 広幅コイル鋼板を規定幅の狭い帯鋼に切断
  • 各種産業分野で、鋼板部品の生産に亜鉛メッキ圧延コイル、冷間圧延鋼、カラー鋼板を使用するのブランキングショップでの利用

金属縦切断自動ライン技術特性      金属縦切断自動ライン技術特性

装置のより詳細は当社のサイトwww.metall-cutting.ruをご覧ください。


熱処理炉と加熱炉

熱処理炉と加熱炉

エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»、モスクワ、ロシア、は既存の熱処理炉の以下のタイプの設計、納入及び近代化の実績を持っています: ローラーハース炉、回転炉、真空熱処理炉、強制対流炉、縦型炉、ウォーキングビーム炉、その他。

熱処理炉の改修後には鉄鋼半製品の加熱のエネルギー消費を削減(60%まで)でき、環境への有害な物資の放出量を大幅に削減(30%まで) 、スケールロスを削減( 0.8%まで)、金属の品質をアップ‐黒斑の数を削減でき、製品の全面で均一な温度が確保される。

当エンジニアリング企業は各種産業分野で使用される各種熱処理炉の“フルタンキー”による一括納入を専門としています。上記炉の作業温度範囲は1800°Cまでです。熱処理炉は酸素、真空、不活性ガス雰囲気での設計が可能です。

熱処理炉と加熱炉     熱処理炉と加熱炉

加熱炉改修作業に関するより詳細な情報はサイトwww.energy-saving.uzでご覧ください。


鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り

当エンジニアリング企業は鉄鋼業および非鉄冶金業用の生産装置の修理・ライニングの一連のサービスセットを提案しています。当社の専門家は算定を行い、最適な耐熱材料を選定し、DAP/DDP条件‐注文主倉庫‐での納入を行い、スーパーバイザー作業、保守サービスを行います。

鉄鋼業用にLLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»は現代的で革新的な材料を提案していますが、これらはこのタイプの製品に対して求められる全ての国際的な要求事項を満足するものです。当社は電気炉製鋼、転炉製鋼用の耐熱材料、取鍋冶金の各種製品を提案しています。

鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り     鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り


鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り     鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り

提案するライニングに関する詳細はページ鉄鋼業用の耐熱ライニングまたはサイトthermal-ceramics.uzでご覧ください。

非鉄冶金用には当エンジニアリング企業LLC «Intech GmbH» / ООО «Интех ГмбХ»は以下の耐火物を提案しています:絶縁繊維製品、絶縁耐火煉瓦、キャスタブル耐火物、高温用途の非濡れ性耐火物 とその他です。

適用方法:鋳造、棒突き、手積み、トルクレットプロセス、ウェットトルクレットプロセス。

アルミニウム産業での主要適用分野:耐熱燃焼炉、溶解炉、金属輸送、炭素陽極付陽極炉。

鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り     鉄鋼業及び非鉄冶金用の耐火煉瓦張り

非鉄冶金業用の提案されるライニングの詳細はサイトwww.thermal-ceramics.uzでご覧いただけます。


Intech GmbH SARLIntech GmbH SARL