Together to success...

since 1997
General partner

Русский English (int.) Deutsch English (USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に鍛造プレス機械を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している鍛造プレス機械のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と鍛造プレス機械の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける鍛造プレス機械の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の鍛造プレス機械に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される鍛造プレス機械が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、鍛造プレス機械の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて鍛造プレス機械の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の鍛造プレス機械を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、鍛造プレス機械の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

鍛造プレス機械の概要および分類

一般的な鍛造およびプレス機械は、エンジン、トランスミッションおよびアクチュエータという3つの主要な機構で構成されます。エンジンとトランスミッションは機械の駆動と呼ばれます。

鍛造プレス機械設備の一般的な分類は、機構の特徴に基づいています。

トランスミッション機構の主な特徴は、モータとアクチュエータの接続方法によって決められ、剛性の機械的接続または作動流体(蒸気、気体、液体、電磁場)によって非剛性接続があります。運動またはポテンシャルエネルギーの変換は、塑性変形の仕事へ作業要素(スライダ、ロッカー、クロスヘッド、ハンマー、ロール、ローラ等)の移動により起こります。

鍛造およびプレス加工の技術はシングルおよび多段階加工が分類されます。シングル加工の場合、物理機械的プロセスは各段階で同様、多段階の場合は統一ではありません。

現代の鍛造プレスの生産技術は、鍛造、熱間および冷間鍛造、熱間および冷間プレス、カッティング、母材の切断を含みます。したがって、鍛造やプレス加工機はそれぞれの技術クラスに分類されます。鍛造プレス設備の分類は次の図に示されています。

鍛造プレス機械の概要および分類
鍛造プレス機械の分類

鍛造とプレス加工機は、技術的な機能によりユニバーサル(汎用)、専門的および専用という3つのグループに分けられます。第1グループの機械は一般的な操作の大部分に使用されます。例えば、油圧鍛造プレスは任意の鍛造操作を行うことができます。第2グループの機械は技術の種類によって分けられ、例えば排気クランクプレスです。第3グループの機械は、技術だけでなく製造される製品の種類に応じて分類されます。

鍛造プレス機械のパラメータ

鍛造プレス機械は寸法、線形、高速、エネルギーおよび質量パラメータで特徴付けられます。プレス機械の主なパラメータはPnomの公称圧力です。

線形パラメータは、技術特徴(機械およびその要素の固定)に関連し、機械の技術使用を含めます。技術的な線形パラメータには操作スペースの寸法と機械の作業体の運動方向が入るため、これらがツール、加工物および製造された製品の寸法を決めます。

同じタイプの機械の速度パラメータとしては、作業体の分毎のアイドルストローク数が使用されます。

エネルギーパラメータはエンジン、エネルギー源と作業体を含めます。これらは、水蒸気または空気ハンマーの駆動用の空気圧または蒸気のような固定パラメータ、または、フライホイールの慣性モーメントにモータ電力のような計算パラメータがあります。

機械プレスの典型的な構造

機械プレスは、ドライブの回転運動をツール装着付きスライダの直線運動に変換する原理に基づいて動作します。回転駆動運動のエネルギーはクランクプレスの部品の間の剛体運動接続により金属変形のエネルギーに変換されます。

機械プレスの主な要素は下記の通りです。

  1. フライホイール
  2. クランクシャフト
  3. ロッド
  4. スライダ
  5. スライダのガイドレール
  6. プレスフレーム
  7. プレステーブル

油圧鍛造プレスの典型的な構造

油圧プレスは、エネルギーキャリア(作動体)である流体の加圧でメインシリンダのプランジャがプレスのスライダを移動させ、テーブル上に配置された被加工物に当たって塑性変形されます。

変形中に発生する工作物の抵抗値を超えるために、油圧プレスの作動シリンダに(32 MPa以上の)高圧流体が供給されます。プレスの可動部分の並進運動の運動エネルギーは、流体の蓄積ポテンシャルエネルギーに比べて非常に低いため、すべての油圧プレスが準静的アクションの鍛造機械と呼ばれます。

機械プレスの主な要素は下記の通りです。

  1. 油圧装置
  2. スレーブシリンダ
  3. プレススライダ
  4. スライドレールのフレーム
  5. テーブル

中小型のクランク鍛造プレス

空気圧の横軸プレス鍛造は、銅、アルミニウム合金製品および機械の細部の熱間鍛造に広く使用されます。

空気圧プレスの利点は下記の通りです。

  • 偏心荷重の範囲拡大
  • 鍛造品の高精度
  • 最適な隙間との偏心シャフトのベアリングやロッドの連続稼働
  • スライダ位置のセンサー付き
  • ダイ金型の早い交換および容易な調整
  • プレスの油圧過負荷保護と妨害
  • 自動化と機械装置で装備可能
  • アクティブなモニタリングとプレス稼働の確認

ダブルクランクのキャリブレーションプレス機

ダブルクランクのキャリブレーションプレス機は、シングルまたはダブル矯正ブロックにおける伸長軸の大型鍛造品の熱間矯正および調整のために使用されます。

これらのプレスの利点は下記の通りです。

  • 閉プレスの高さを自動的に調整する機能
  • スライダ位置センサー搭載
  • 速度調整可能なメインモータの設置可能
  • プレスの油圧過負荷と妨害の保護
  • 低ノイズのブレーキと継手の使用
  • 自動潤滑システム

クランクプレス

プレスは、打ち抜き、パンチング、曲げ、浅絞りなどの各種のシート材冷間成形の操作のために使用されます。中小生産、多量生産などの任意の工場で広く使用されます。

クランクプレスの利点は次の通りです。

  • 閉プレスの高さを自動的に調整する機能
  • スライダ位置センサー搭載
  • 速度調整可能なメインモータの設置可能
  • プレスの油圧過負荷と妨害の保護
  • 低ノイズのブレーキと継手の使用
  • 角度および弾性変形を軽減するために設計された特別超剛性フレーム
  • 低ノイズのブレーキと継手の使用
  • 性能、品質と生産の安定性を向上させるための、自動材料供給装置の設置
  • プレスの自動潤滑システム

ヘビークランクプレス

プレスは、歯車、フランジ、シャフトなどの熱間プレス鍛造の様々な動作で広く使用されます。中小生産、多量生産などの任意の工場で広く使用されます。

クランクプレスの利点は次の通りです。

  • 角度および弾性変形を軽減するために設計された特別超剛性フレーム
  • 閉プレスの高さを自動または手動で調整する機能
  • スライダ位置センサー搭載
  • プレスの油圧過負荷と妨害の保護
  • 多機能プログラム可能なCNCシステム
  • 低ノイズのブレーキと継手の使使用
  • プレスの自動潤滑システム
  • ダイ金型の早い交換および容易な調整

高速クランクプレス

これらのピストン型プレスは、スライダ移動の剛性と成形品の精度を高めるダブルガイドレールが装備されます。

プレスは、切断、打ち抜き、カッチング、パンチング、絞り、曲げなどの操作を実施するために使用されます。

これらのプレスの利点は次の通りです。

  • プレスの高速度
  • スライダ位置センサー搭載
  • 簡単なメンテナンス
  • 性能、品質と生産の安定性を向上させるための、自動材料供給装置の設置
  • プレスの過負荷と妨害の油圧式保護装置
  • ダイ金型の早い交換および容易な調整
  • 多機能プログラム可能なCNCシステム
  • プレススライダのダブルレール

油圧プレス

これら油圧プレスはシートメタルの精密深絞りのために設計されています。10〜3000トンの公称圧力の範囲内の仕様、この機械は、高効率、高精度を有します。

油圧プレスの利点は下記の通りです。

  • 制御システムの安全性と高精度はプレス操作を容易にする
  • 特別油圧システムは油圧の漏れを防ぐ
  • プレスは特別な制御装置で装備

鍛造ロール

鍛造ロールを駆動するのは電動モータ、Vベルトドライブ、変速およびスピンドル伝送を含みます。

ロール鍛造機械は手工具、自転車部品、自動車部品などのために使用されます。

特徴:

  • 堅牢な設備本体
  • 空気圧ブレーキとキャプチャの特別な構造のため、安定した形成
  • 自動連続生産可能
  • 特別かつシンプルな構造のため、機械メンテナンスの容易化

鍛造設備のスペアパーツ

修理と改造の主な分野は下記の通りです。

  • 中央潤滑システムの交換
  • 電気機器の交換
  • 油圧シリンダの部品の回復や交換
  • フレームガイドの交換
  • 保護手段(作業工程における特別な保護柵、オペレータの作業場におけるシールド)の設置
  • プレスを数値制御システムで装備
  • クロスヘッドガイドの回復
  • 機械の主要コンポーネントの回復および修理
  • プレスの主アクチュエータのすべての部品の回復および交換
  • ベアリングの回復および交換
  • 主な消耗部品の交換および回復

シート鍛造、鍛造、鋳造の基本

切断操作

板金ハサミの切断

冷間鍛造のために板金ははさみで事前に必要なサイズのブランクに切断されます。板金はさみの主なタイプは、平行ブレード式、傾斜ブレード式と振動式です。第1のタイプは細いまたは厚い帯および非金属を切断するために使用されます。傾斜ブレード(ギロチン)はさみは板金を切断します。圧延金属の切削加工および縁取りにはディスク式はさみが使用されます。振動式はさみは湾曲形状の個別な加工ために使用されます。

Soの厚さの被加工物は切断工程において、上下ブレードのP力によって形成されます。2つのP力で作用されるポイントの下で工作物は、回転し始めるとブレードの側面を押圧することによりT側圧力が発生します。上ブレードはh値により工作物に浸透し、垂直面に対して0°度に向けたせん断ひび割れの原因となります。適切なギャップZ =(0,05-0,10)Soが設定された場合、上下ブレードのせん断ひび割れは一致し、切断面を形成します。ナイフの浸透値は、h=yS0式で設定され、у=Fo/Fmは引張実験から得られる相対的伸縮値です。FoとFmは初期面積とネッキング時の試料の断面積です。せん断ひび割れが発生しないh値の深さは加工品の厚さの0.1〜0.5、金属延性増加とともに増加します。

板金金型切断

金型切断の主な操作は金属切削および打ち抜きです。これらの過程は、パンチおよびマトリクスを介して閉ループの形で工作物の一部を他の部分から分離します。切断の場合にマトリクス上に残るブランクの切断部は不要となり、打ち抜く際に工作物の同じ部分が部品になります。

切断工程は、はさみ切断と同じように、弾性、塑性および破砕という三の段階からなります。ダイとパンチ側でリング状の弾性曲げが連続的に発生し、曲げモーメント(膨らみ)とクラックが発生します。

応力変形状態の特徴は、変形加工品の異なる部分における応力変形状態の回路差分です。パンチの刃先上に応力体積圧縮の状態が作成され、ダイの刃先上に半径方向の延伸の応力状態が発生します。第1の状態は金属の塑性流動に適切で、第2の状態はより不適切で切断ゾーンにおける微小亀裂の発生を促進します。加工品の中央部には応力状態図が平坦で、軸方向の圧縮応力がありません。

金属の変形および電力パラメータにはギャップzの選択が大きな影響を与えます。最適ギャップz =(5〜10%)Soの場合、パンチ側の剪断面と亀裂がダイ側の亀裂と一致します。小さな隙間と厚い金属のとき亀裂ミスマッチは、新しいクラックの発生により切断される環状凸分を形成し、部品上に剪断やダブルカットと延伸バリを形成します。

非常に大きなギャップが発生する場合、延伸によりギザギザのバリと隙間に金属破損が形成されます。切断(打ち抜き)における完全な変形圧力は下記の式で計算されます。

P=k·LA·S0·σср+Q

LAは部品の輪郭周囲長、Qは押圧力

プレスの力は、ダイを介して部品をプッシュする力Рпрとパンチからストリップの除去力Рснを考慮して算出値より高い値が使用されます。

変形操作

板金曲げ

曲げはシート鍛造加工、平板加工品からダイを用いて湾曲した空間的な部品が成形される過程です。シングルアングル、ダブルアングル、多角度の曲げおよび圧着と波打ちを区別します。

外側の層(ダイ側の)は、縦方向に延伸され、横方向に圧縮されます。細長いと短縮層の間に中性層は入り、それは延伸し圧縮された繊維の層を分離する曲面を表します。中性層の半径は、次式によって計算できます。

ρi=kα(Ri+rB)/2

前記のKαは薄さの係数です。

押出

押出はシート鍛造加工、平板または中空加工品を閉回路のオープン上部の中空体に変換する技術操作です。部品の形状によって製品の軸対称、箱状および複雑な非対称が分類されます。また、押圧押出と押圧なし押出、壁の間引きと間引きなしの抽出を区別します。

押出力

押出力を計算するには一般に次の式が使用されます。

Р=L·S·σρmax·k

Lは部品の周囲長、Sは厚さ、K は部品形状を参考する係数、σρmaxは最大半径方向応力

異なる形状の製品には、すべての場合の押出特徴を参考しにくいため、圧力を測定するために生産および実験データに基づいて様々な経験的係数を使用します。例えば、広いフランジの円筒状部品のための一般式は下記の通りです。

Р= π d·S·σ·k

σは金属の強度です。

高い四角いボックスの初期動作での延伸力を計算する際、上記の式を使用し、最後のステップにおいて、以下の関係を使用します。

P=(4B-1,72rK)·S·σ·kb

BとrKはそれぞれのボックスの幅および隅の曲率半径です。кbは係数です。

板金成形操作

成形とフランジング操作

板金成形は加工品の形状を局所的な歪みにより変化し、主な種類が表面成形(補剛リブと局所的凸部の成形)、フランジング、圧着および延伸加工を含めます。

表面形成は局所変形の伸縮により凹凸表面を作成する板金成形方法です。このように、模様、補剛リブを形成することにより、部品の全体的な剛性を100〜200%高め、スプリングバックを低減し(精度を高め)、金属の必要な厚さを減少させることができます。

フランジングは加工物の予備成形穴をダイ開口部内に押して接線方向に延伸することにより、フラットまたは空間加工物のネック部を形成するための操作です。フランジングは穴(内部)と外側輪郭(外側)の動作の2種類があります。

圧着と延伸加工

圧着(クリンプ)とは中空円筒部の端部の横寸法を小さくする板金成形操作です。首部分やビレットなどの部品の製造に使用され、通常は潤滑剤を使用して行われます。

操作の種類として管状断面の圧着(回転圧着機で減少)、機械プレスの垂直加圧によって製造される中空部品の圧着に区別されます。

テーパ状のダイで圧着加工は、 曲げ、摩擦力によるテーパ状部の変形、自由な曲げ、加工物の要素ストレート化の4つの段階に分けられます。応力変形状態の特性は、応力変形状態の回路が半径方向σρおよび接線方向σθの2つの圧縮力の作用を有する平坦状態に近いことです。押圧加工物の壁で発生する最大圧縮力σρmaxは変形しない部分に作用するため、環状波形(ひだ)が形成され、被加工物のこの部分の安定性の損失で制限されます。

上記欠陥を防止するには、正しい圧着変形の係数(mоб=d/D)の選択とリミット係数mобとの比較が必要です。算出される比率は、材料の種類、相対的な厚さ、加工物とツールの摩擦接触状態およびダイのテーパ角度に依存する許容最小値を超えてはなりません。圧着力は、次式によって計算されます。

Р=π D·S0·σ·kоб

kобは圧着比に応じた係数

延伸加工とは、中空円筒状加工物の端部を増加させる板金成形操作です。

この操作の種類は、円錐パンチ、ゴムパンチ、流体(液圧)延伸を含みます。

変形度は、延伸係数により推定されます。

mр=d/D

応力変形状態の回路は間引きの大きさに影響を与えます。圧縮の半径方向応力σρは、加工物の縁から離れるととともに増加し、間引きを低減します。接線方向応力は引張で、間引きを起こします。半径方向応力は小さな延伸係数のとき、加工物の変形しない部分に円形の横波の形成と安定性の損失を起こします。接線方向応力は、同じ条件下で長手方向にクラックを形成する破裂につながります。正しく遷移の延伸係数を設定するだけでなく、a=15〜25℃の最適な範囲におけるパンチのテーパ角度を選択することが必要です。

延伸力は、以下の式を用いて計算されます。

Р=π d·S·σ·kр

kрは係数は膨張比に応じた係数

鍛造の技術過程の概念基礎

鍛造の技術過程は、単純または複雑な要素から成り、加工物の加熱、変形操作、整形、加熱処理を含めます。

鍛造の主な操作は、縮み、延伸と穴あけを含めます。

縮みは鍛造の最も一般的な操作の一つです。その種類は、大きな加工物の加工で使用される円板縮み、加工物の部分縮みおよび縮み後にバレル形成を排除するための直径加工を含みます。

フラットダイにより、延伸加工は工具と鍛造品の形状変化によって修正できます。延伸加工の種類はカットアウト延伸、合成ダイ延伸、加工物の壁の厚さを減少させその内径および外径を増加させるために使用される巻き取りマンドレル、肉厚の加工物の長さを増加させるために使用されるマンドレルに延伸加工を含めます。

縮み加工の種類

縮み加工の種類

縮みとは加工物の高さを減らすことによって、その断面を増加させる鍛造操作です。設定の形状および大きさの鍛造品を得るためにメイン(整形)操作として使用され、鋳造組織の除去時の変形の合計度を増加させるための、特性の異方性および部品における繊維を適切に配置するための追加の操作として、金属および合金のレオロジー特性を特定するための二次的操作として使用されます。

延伸

延伸の種類

延伸とは、加工物の断面積を減少させることによって加工物またはその一部の長さを増加させる鍛造操作です。延伸は、設定の形状および大きさの鍛造品を得るためにメイン(整形)操作として使用され、内部空隙を排除し鋳造組織の破壊により金属の機械的特性を改善するための補助操作として使用されます。

穴あけ

穴あけとは工作物に空洞を切削する鍛造操作です。穴あけの異なる種類を使用することにより金属形成は大きく異なります。

冶金設備

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の鍛造プレス機械の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

Intech GmbH SARLIntech GmbH SARL