Together to success...

since 1997
General partner

Русский English (int.) Deutsch English (USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に圧延機とその部品を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している圧延機とその部品のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と圧延機とその部品の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける圧延機とその部品の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の圧延機とその部品に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される圧延機とその部品が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、圧延機とその部品の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて圧延機とその部品の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の圧延機とその部品を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、設備の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

圧延スタンド概要

圧延スタンドの種類:カートリッジタイプのスタンド、3本ロールスタンド、水平スタンド、垂直スタンド、プレストレススタンド、フレームレストスタンドなどです。

圧延機の特徴は、寸法命名法、グレードおよび製品目的の広い製造範囲に関連した圧延スタンドの多様性です。

スタンドの特定の種類の使用は、各スタンドの圧延力値、速度、温度、性能などのの理由によります。また、スタンドの金属含量も大事です。この数十年では、鉄鋼フープの生産の着実な傾向が表れ、プレストレストとフレームレスのスタンドが適用されます。フレーム構造のスタンドは現在、特殊な場合しかほとんど使われません。

プレストレストスタンドは十分に高い半径方向剛性、コンパクトかつ比較的低い金属含量を有します。

これらのスタンドには大量の上部および下部クッションが、圧延時にロールに金属の最大圧力を超える力でロールの各側に締付ボルトで締め付けられます。この圧力はクッションと付属品の間の隙間を排除します。

圧延荷重は、多数のシール、ロックねじなどを通らず、直接クッションと締付に与えられます。

レストレストスタンドにおけるのロール隙間制御は2つの方法で行われます。(スタンドを組み立てる際)粗調整は、上部および下部クッションとの間に設置シールの厚さ変更により行われます。微調整は上部クッションに位置する偏心ブシュの回転により行われます。

コンクリート構造を補強するために使用される鉄筋は、消費量とその品質に対する要求が増加する延種の一つです。

この点で、近代的な圧延生産の主要課題の一つは、工程でのロス減少および圧延製品の寸法誤差の削減により、金属を最大節約を確保することです。

フレームレススタンドを使用することにより、厳格な誤差で幅広い品揃えが製造されます。従来の方法で製造される生成物の同量に比べて1トンのコストが約1.15倍安いです。この場合、コスト削減には、低い資産コストだけではなく低い製造ロスも影響を与えます。工場では、コンソール付けロールの水平および垂直スタンド、カートリッジタイプと3本ロールタイプが使用されます。

カートリッジタイプのフレームレススタンドはコンパクト、堅牢性と容易なメンテナンスが特徴とします。このようなスタンドは様々な構成を取ることができます。

フレームはギアボックスと一緒に90°回転することにより、数分でフレームを水平方向から垂直方向またはその逆にスタンドに回転させます。

予備および中間圧延のために完全に自動化された2本ロール可逆可動スタンドを使用し、同じスタンドのセットを使用して製品の無制限の範囲を製造することを可能にします。

小サイズの場合、コンソールタイプが使用され、水平、垂直変換、ユニバーサルなどを含む様々な構成のローラスタンドが使用されます。コンソールタイプのスタンドの利点は、コンパクトなサイズ、ロールの迅速かつ容易な取り扱いです。しかし、コンソール方向負荷のため両側ロールスタンドより伝達の圧延力が低いです。

圧延生産の改良の基本的な方向は下記の通りです。一本圧延機へ100%切り替えはのより正確な形状および機械的特性のより高い安定性の製造を確保できます。

  1. 連続的な小型とワイヤ圧延機の加工物の加熱温度を1100〜1150℃から900℃まで低下させると荒削りスタンドの金属の熱損失を低減し、高温度での脱炭高炭素鋼がほとんどなくなります。
  2. 中小型の圧延機における高合金鋼ビレットの質量を1〜1.5トンから2〜4.5トンまで増加させることは、特にコイルに圧延製品の製造において、歩留まりを向上させます。
  3. ビレットの長さと圧延速度の増加、ハンドリングと調整時間ロス低減は圧延機パフォーマンスを向上させます。

圧延機用部品

圧延機用部品は下記の通りです。

  • 振り子、ドラム、クランクはさみ
  • 作動とバックアップロール用のクッション
  • スピンドル、カップリング
  • ジャッキねじとナット
  • ギアボックスとその部品
  • 正、押し、引きロール
  • ベアリング
  • 偏心スリーブ
  • ワインダードラム
  • 管継手、ポンプ、バルブ、フィルタ

圧延機の駆動スピンドル

圧延機の駆動スピンドル(カルダン、ローラ、ボール、ギア、転がり軸受)。

  • ヒンジ斜面の角度増加
  • アクチュエータの動特性向上
  • 駆動の寿命延長

ラック冷却器

これらの機械は、フライング剪断機(または直接圧延機)から供給された熱間圧延物を受け、ラック上で移動および冷却し、パケット化およびパケットをレールで切断冷はさみに供給します。

冷却器は、鋼管圧延機の機械設備の一部であり、圧延複合体の成分として、冶金工場の再建における単一の製品として仕入れることがあります。

冷却器は、供給、排出、および整列ローラテーブル、可動および固定レール、包装機、フリッパー装置、潤滑システムを含みます。

冷却器の構造の特徴は下記の通りです。

  1. 排出弁は、圧延物受け安定を向上させるように縦軸によって駆動されます。
  2. 必要に応じて、冷却過程で圧延物の先部位置を調整するローラ搭載
  3. ラック駆動では、年次修復を妨げるための摩擦要素を汚れやスケールから保護する装置が使用されます。
  4. 冷却器の全ての伝送は、ボールベアリングに取り付けられ、冷却器の寿命に渡って維持なしの動作が保証されます。
  5. 供給ローラコンベヤおよび排出弁の設計は、間隔なしで圧延物の排出を可能にします。
  6. 伝動軸の接続には、設置を簡素化し、試運転および修理のための時間を短縮する微調整の特別なギアカップリングを使用します。
  7. 整列溝を有する全てのプレートは、載置台樋に対する位置の高い精度、その結果、冷却圧延物の直進位置を確保する金属チル鋳型に鋳鉄から鋳造されます。
ラック冷却器の種類
冷却器の長さ m 30 60 72 60
ローラ軸での冷却器の幅 m 6660 7540 10 040 6660

ラック冷却器の主な技術的特徴
1. 冷却される形状 円状、四角、ストリップ
2. 圧延物の長さ(最大)、m 72まで
3. 冷却器へ供給サイクル、秒 4 – 8
4. 圧延速度、m /秒 3 – 12
5. ローラ軸での冷却器の幅、mm 6 660 – 10 060
6. 冷却器の長さ、mm 30 000 – 72 000
7. 冷却器の重量、トン 200 – 500

冶金設備

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の圧延機とその部品の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

Intech GmbH SARLIntech GmbH SARL